ローンの知恵

ローンの知恵

利息制限法の制定

平成18年12月20日に貸金業規制法、出資法、利息制限法が改正公布されました。ここでは利息制限法に焦点を合わせて説明していきます。

貸金業者やローン会社からお金を借りると当然に利息を取られます。利息制限法は貸主が借主に請求可能な利息の上限を定めるものです。具体的にいうと10万円未満のお金を貸すと年率20%しか利息を受け取れず、超えた部分は無効になり10万円以上100万円未満のお金を貸すと年率18%までの利息、100万円以上は年率15%が上限となり、当事者間で約束したとしてもそれ以上の利息制限法の規定を超える金銭貸借契約がまかり通っていたのです。

なぜかというと、出資法では29.2%までの上限利息を認めていたので貸す側はこの法律を優先して利息を設定していたのです。貸して欲しい方は利息のことをあまり考えずに目の前のお金に手をだしてしまうのです。10万円を借りたとすると、利息制限法では18%、出資法では29.2%とその差は11.2%もあるのです。

ですから、通常では使用されない利息制限法はいわゆる法の網をくぐるザル法とも言われていました。また貸金業規制法という法律が「みなし弁済」を規定していたので登録を受けた正規の貸金業者が、正当な手続きを踏んで借し付けた場合は、借主が任意で払った利息は有効になるという貸金業者側に有利な内容を裁判所が認めたのです。つまり利息制限法を超えた利息だとしても、元本に充当せずに利息として受け取れることが出来るのです。

しかしその後の貸金業法の改正により「みなし弁済」が廃止されたのです。これで貸金業者は利息制限法を超えた金利を受け取ったり、契約を締結した場合は行政処分を受けることになり、さらに出資法の上限利息を逸脱すると刑事罰の対象になることになったのです。ですから、如何なる場合でも貸金業者は利息制限法を超える金利での貸付は行えないのです。

「おまとめローン」などを利用する場合も金利を低くして月々の返済額を減らすというメリットもあるでしょう、しかし、再度現在ある債務の利息をチェックすることも必要ではないでしょうか。

専業主婦の方は総量規制の導入により、今までのように消費者金融からお金を借りづらくなりました。配偶者の同意書や収入証明書の提出などが必要になりましたからね。ただ、この総量規制は銀行から発売されているローンに関しては対象外となっているので、銀行ローンを利用するといいですよ。※参考サイト:専業主婦が借入OKなカードローン

あと学生の方でローンを利用したいという人もいるかと思います。学生の方がローンを利用するためには、20歳以上でアルバイトをしているということが条件になります。18歳や19歳ではダメですし、、20歳以上でもアルバイトをしていないという人は利用できません。なので、20歳以上でローンを利用したいという学生の方は、まずはアルバイトを始めるといいですよ。※参考サイト:キャッシング学生

Copyright (C) ローンの知恵 All Rights Reserved